キット、ずっと2号ラストラン

先日、6月22日(日)に三陸鉄道南リアス線の

「キット、ずっと2号」がついにラストランを向かえ

剥離作業の為、三陸鉄道南リアス線の盛駅付近にある

車両基地にお邪魔してきました。

この車両は東日本大震災当日に走行中、強い揺れを感じ

トンネル内に停車し津波を逃れた「奇跡の車両」と呼ばれ、

南リアス線の一部運行再開に合わせてネスレ日本様の

「キット、ずっとプロジェクト」の一環で弊社がラッピング

施工した車両でした。

ラストランは盛駅-釜石駅間を往復し、その後に車両基地で行われたメインイベントの

「ラッピング剥がし」では、お目当ての場所を丁寧に剥がし、

記念写真などを撮りながら終始和やかな雰囲気で行われました。

また、イベント終了後の本格的な剥離作業は、

参加者の方々が沢山剥がしてくれたおかげで短時間で終了することができました。

盛駅-釜石駅間の往復を終え、盛駅から車両基地へ戻ってくる

「キット、ずっと2号」正真正銘のラストラン!

やはり人気はロゴ部分です!

みなさん持ち帰りように、丁寧に剥がしてます!!

三陸鉄道の吉田さんもお手伝いです。

ラッピング剥がし体験終了!!

こんなメッセージを先に書いてから剥がす参加者も

これで剥離作業終了!!

奇跡の車両が本来の三鉄カラーに!

「キット、ずっと2号」約一年間お疲れ様でした!!

*