お疲れさまでした。「キット、ずっと号」

弊社が三陸鉄道さまの36-101形のラッピング出力・施工をした「キット、ずっと号」が

5月31日でラストランを迎えました。 😥

そこで6月1日、2日に日本旅行さまのツアーで

「キット、ずっと号ラストランの旅」が実施され、

キット、ずっと号のサクラ模様が見納めとあり、大勢のファンが

ツアーに参加していました。

また、このツアーには、鉄道写真家の中井精也さんや

鉄道ファンとして知られるホリプロのマネジャーの南田裕介さん

が一緒に同行しツアーを盛り上げていました。

そしてツアーでの目玉がなんと前代未聞のキット、ずっと号の

「ラッピング剥がし体験」

そのイベントにお呼ばれしましたので、図々しくもお邪魔してきました。

洗車を終え、これから脱衣所へ。。。

洗車中は車内で洗車の様子を見ている参加者が多数いました。

こちらも滅多に体験できないですネ!

中井氏と南田氏によるケーキ入刀式ならぬ「剥離式」の様子

ラッピング剥がし中の様子です。

終始笑顔で楽しそうに剥がし、ロゴや世界中からのメッセージなどお気に入りの

部分は記念に持ち帰る参加者の方が多数でした。

剥離後、キット、ずっと号と最後の記念写真の様子です

手が届かない部分は残し剥離体験は終了。

中途半端なラッピング状態になりました。

久慈駅から田野畑駅開通時に付けて走ったヘッドマークと

ラストランで付けて走ったヘッドマーク。

「あまちゃん」にあやかって「じぇじぇ!」を入れました。

こちらは、ネスレ日本さんよりツアーに参加した方に配られたキットカット。

ツアー参加者ではない私も頂きました。ありがとうございました。

こちらは、会社に持ち帰りみんなでおいしく頂きました。

こちらは三陸鉄道さんのご厚意によるサービス!!

みなさんわかりますか??

 

 

 

 

 

じぇじぇじぇ!

方向幕が「あまちゃん」でおなじみ「北三陸」になっています!!

 

 

 

 

 

そして翌日の6月3日にすべてラッピングの剥離作業を完了。

「キット、ずっと号」はトリコロールカラーの36-101形に戻りました。

 

約1年間お疲れ様でした。。。

 

 

 

*